2018年01月07日

2017年12月2、3、10日、プルシェンコさん主催のスノーキングがエストニアとラトビアで公演されました。



プルシェンコさん主催のアイスショー、スノーキングが
2017年12月2〜3日にエストニアのタリン、10日にラトビアのリガにて公演されました。
カザフスタンに次いで、海外でのスノーキング公演がまた実現しました!

プルは、前半は調子良さそうだったけど、後半は少し膝の調子が心配に...
それでも踏ん張れたり軸がぶれても決して転倒しないのはさすがでした。
どう見てもあんまり強くなさそうでやっぱりあっさり網の罠にかかってしまう王子様が
雪の王として君臨するのは、王子の弱い部分が歪んだ形で膨大化した部分もあったりするかな、等と
観る度に新たな妄想をすることが出来て楽しいです。

ストーリーはざっと今までと同じ、流れがさらに良くなった気がします。
五輪シーズンなこともあり、今回のキャストはKOIメンバー多めな印象。
アデリナとエマがスノキンチームに加わってました。
今回エマが演じたカイは、ジョニー版とニキータ版の中間くらいのイメージでしょうか。
突然襲ってきた謎の心の変化や怒りに苛立ちを爆発させながらも
葛藤するよりもスノーキングに魅入られていく偽の本能が勝ってしまい、
やがて以前の自分を忘れ、雪の王と共に闇の支配を楽しんでいく。
それぞれの中の人によって違いのあるところを見るのも楽しいです。

プロアマスケーター達の中には、エンジェルたちもたくさん登場しました。
エンジェルたちに経験を積ませる利点だけでなく、観客として見ている子どもたちも、
自分と同じくらいの年代の子たちが活躍する姿を見るのは良い刺激になりますね。
アイスショー・スノーキングはファミリー層をターゲットにしたことで、
従来のEXスタイルのアイスショー以外の客層も集める興行的な狙いはもちろん
子どもたちに良い刺激を与えることもフィギュアスケートの更なる普及に繋がると思うので、
プルやヤナがそういうところに目をつけたのも上手いなと思いました。


★動画プレイリスト (PlushenkoOfficial)
https://www.youtube.com/playlist?list=PLVze-YWYNijNFQqjEooJsSOWnfSl2riy3


★インスタグラム

В Таллин,на наше #cнежныйкороль

Евгений Плющенкоさん(@plushenkoofficial)がシェアした投稿 -













#снежныйкороль ⛸Таллин✌🇪🇪 !!! Было круто !!!

Kosta Gavrinさん(@kostagavrin)がシェアした投稿 -



Снежный король в Таллине

Нодар Маисурадзеさん(@snodar)がシェアした投稿 -






プルも出演者のみなさんもお疲れ様でした!
じゅうぶんに体を休めてくださいね。

プル公式 Snow King 2-3.12.2017Tallin,10.12.2017Riga
http://evgeni-plushenko.com/forum/viewtopic.php?f=14&t=454

posted by ばつ子 at 22:02| ジェーニャァァ! | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

プルシェンココーチがスケートアメリカにやって来た!2017年11月25日〜26日




2017年11月25日〜26日、アメリカのレークプラシッドで
フィギュアスケート グランプリシリーズ スケートアメリカが開催されました。
プルは、セラフィマ・サハノヴィッチ選手のコーチとして参加しました。

当初出場予定だったポゴリラヤ選手が欠場となったため(どうかお大事に)
シーマが繰り上げで急きょ出場となり、エンジェルズオブプルシェンコの
他コーチ陣のピザが間に合わず、プルが行くことになったという経緯です。
先日ニューヨークのショーの時にとったピザの有効期間が残ってたのかな?

プルは、24日はアイスショー Kings on iceのためスロバキアのポプラトにいたので、
そこからサーシャを連れてジリナ空港からウィーン経由でモスクワに着いて
サーシャを自宅に送って再びモスクワ空港からニューヨークに着いて
レンタカーで5時間かけてレークプラシッドに到着しました。
移動には約一日かかったもようです。

移動が一日掛かろうとやはりプルはシーマのもとに付いて良かったと思います。

エンジェルの選手たちにはプルがつくこともあれば他コーチがつくこともあって、
個人的には、もっとプルが出るべきとまでは思っていなくて、
今回のスケアメでも早速プルは米国マスコミたちに囲まれたり
キスクラで「シーマに注目して♪」というようなジェスチャーをする場面もあったり、
でもコーチ不在という状況をプルが責任もって回避することが出来て良かったです。

「あんなこと二度と起こらないって信じてる!」
プルが現役時代に一度だけコーチ不在だった時に発した言葉です。
ちなみにその時プル28歳、しかも国際大会ではなくロシアでのテストスケート
(この時体全身の痛みに耐えながらの実技ではあったとフォローもしときます!)

http://evgeni-plushenko.com/forum/viewtopic.php?f=3&t=283&start=100#p57454

ジュニアワールドでは2年連続銀メダルに輝いたシーマのインタヴューなどによると、
その後はスランプが続き、すっかり自信を失っていたのだそうです。
引退するつもりで、ショーに出してもらえないかとプルに相談に行くと、
17歳で引退するのはまだ早いと引きとめられ、エンジェルに移籍しました。
そして、すぐにジャンプ矯正の指導が始まりました。

行き詰っている時に別の角度から見ると思いがけない発見を見つけることもあるように
シーマにとっても新しい環境が必要だったのではないかなと想像します。
「練習は好きなんです」とインタで語っていたシーマ。
だからあとは彼女にとって良い、新しい練習方法を見いだすことなのだと。
彼女のインスタグラムを見ると、一年前くらいから
どこか表情が暗かったり顔が写らない角度の写真が多かったのが、
移籍後、だんだん明るい表情や笑顔の写真が増えていることに気づき
辛い時期があったことが想像され胸が痛みました。



今回の試合では、まずジャンプをきっちり成功させることを優先にした戦略で
FSの2Aが1Aになった1ミスのみ、10人中5位でシーズンベストを超えることが出来ました。
とくにスピンの美しさと回転の速さは印象的でした。
★動画
SP https://youtu.be/8OnT4-M8drM
FS https://youtu.be/D9h7h8l8vxQ



1年くらいはかかると言われているジャンプ矯正は始まったばかり。
でもその練習の成果はすでに現われていて、だけどそれよりも何よりも
試合で滑る喜びを再び感じているようなシーマの表情に胸が暖まる気持ちになります。
いちばん大事なことってやっぱり心がどう感じているかだと思うので、
彼女が前向きな気持ちで、ゆっくりゆっくり、進んでいって欲しいなと思います。




★インスタグラム




@serafima_sakhanovich 💪💪💪 #SkateAmerica2017

Евгений Плющенкоさん(@plushenkoofficial)がシェアした投稿 -



Работаем дальше

Angelさん(@serafima_sakhanovich)がシェアした投稿 -







#skateamerica #figureskating @plushenkoofficial

Ari Zakarianさん(@arizakarian)がシェアした投稿 -


プルシェンココーチもハードスケジュールをこなしてお疲れ様でした。
コーチ姿のプルは想像していた通り、優しさと厳しさの両方を兼ねた雰囲気が垣間見えました。
6分間練習の時に真剣な表情のプルがわりと写っていて嬉しかったです。
皆さんお疲れ様でした!

★プル公式 Angelsofplushenko このあたりから
http://evgeni-plushenko.com/forum/viewtopic.php?f=3&t=437&start=150#p93455

posted by ばつ子 at 23:58| ジェーニャァァ! | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

2017年11月19日〜24日、スロバキア各地でプルシェンコ主催のKings on Ice が開催されました。


Братислава,встречай!💪

Евгений Плющенкоさん(@plushenkoofficial)がシェアした投稿 -


2017年11月19日からスロバキアの各地にてプルシェンコ主催のKings on Ice が開催されました。

フル動画は見つからないようですが、プルの演技はストームの前半部分の動画では、
嵐の前触れのような曲調に合わせてニジンスキーの振付も入れたプルの動きが優雅で美しいです。
その他、サーシャと二人での親子セッボを演じたのも確認できました。

プルとトマシュはスロバキアのテレビ番組にも出演しました。
モコモコした白地に赤の差し色が入ったスウェット上下は、プルのスウェット姿の中では
なかなか似合ってるんじゃないかと思います。イチゴショートケーキみたいで可愛いです。

★インスタグラム






25日と26日のショーは延期になりました。
公式発表では主催者側の決断ということですが、詳細はよく分かりません。
いずれにせよ、スケジュールが空いたプルは直ちにサーシャを連れて
ウィーン経由でモスクワに戻るとすぐにアメリカのレイクプラシッドに飛んでいきました。
そこでは25日からGPSスケートアメリカの試合が開催され、
プルのアカデミーに移籍したセラフィマ・サハノヴィッチ選手が急きょ出場が決まったので
プルはコーチとして彼女をサポートするために向かったのです。

続きます。

★プル公式 Pan Ladu 2016 (Kings on ice) 19.11-26.11.2017
http://evgeni-plushenko.com/forum/viewtopic.php?f=14&t=447

posted by ばつ子 at 23:30| ジェーニャァァ! | 更新情報をチェックする